//カテゴリー「trend」の場合

季節のワンポイントアドバイス

健康な素肌を取り戻すための、皮膚生理を妨げない「非接触生活習慣」の実践をしている方からの
Q &Aとサポートアイテムをご紹介します

汗をかくと顔や首筋がかゆくなります。かゆみや赤みはどうすればなくなりますか?

かゆみや赤みが出る部分に一次刺激性物質との接触が残っています。

肌のバリア力が正常に機能していれば汗がトラブルの原因となることはありません。
洗えない素材の衣類や、接触冷感や抗菌など機能性素材の衣類が首筋に触れたり、
髪を経由し間接接触をしている可能性も。
汗をかいてかゆみが出たら、その部分に触れているものを確認してみましょう。

そもそも汗をかくとかゆいのはなぜ?

出始めの汗はミネラル分が多く、アルカリ性に傾いています。実は汗も一次刺激性物質なのです。
そのため肌のバリア力が低下していると、かゆみや湿疹などの症状が現れやすくなります。
肌を傷めるものとの接触を断つことが汗によるかゆみ予防につながります。

汗をかいたら濡れたタオルで拭きましょう

汗をかいたときは、濡れたタオルや指定のペーパータオルでこまめにぬぐいましょう。
濡れたタオルのほうが、水分だけでなく汗のミネラル分も拭き取ることができます。
タオルは抗菌加工をされていないものを選び、サウンドスタイルの洗濯洗剤で洗ってから使用しましょう。

あせもができてしまったら

保湿をしたり、石鹸で洗ったりしないようにしましょう。肌を傷めることで改善が遅れてしまいます。
接触に注意して、何もつけずに過ごしましょう。サウンドパックで肌の調子を整えることもできます。

Top