| オンラインストア | お買い物ガイド | 登録情報変更 | お問い合わせ |

手についた一次刺激性物質の落とし方

手に付着する一次刺激性物質とは?

日常生活には、柔軟剤、抗菌剤を使用した衣類や家具、文房具等がたくさんあります。

何気なく手で触れているものには、ほとんど柔軟仕上げ、
抗菌仕上げがされていると思ってよいでしょう。
それらに触れると、手には柔軟剤や抗菌剤が付着してしまいます。

また、石鹸やハンドソープで手を洗った後は手に脂肪酸が残留しています。

「柔軟剤」「抗菌剤」「脂肪酸」はみな、一次刺激性物質です。

※一次刺激性物質は「炎症起因物質」です。

手で触ったところにトラブルが

手についた一次刺激性物質は、手で触ったところに付着し、
顔や身体にトラブルを起こすことがあります。

直接手で触れなくても、髪をよく触っていて、その髪が顔に触れ、
額や頬にトラブルが出たという報告もあります。

8項目を実践していても、額や顎、頬などいつも同じ場所にトラブルが出るという場合は、
手や髪を経由した接触の可能性があります。

手についた一次刺激性物質は、以下の方法で落とすことができます。
手には洗浄剤を使わないようにしましょう。

ペーパータオルを使った手の洗い方

1.ペーパータオルを一枚取り、流水の下で使用します。

2.水を流しながら、手のひら、手の甲をペーパーでぬぐいます。
指先まで丁寧にぬぐいましょう。
ペーパーにこすりつけるようにするのがポイントです。

3.洗い終わったら、指定の洗濯洗剤で洗ったタオルで手を拭きます。
タオルがない場合は、新しいペーパーを使って拭きましょう。

※使用後のペーパーには、一次刺激性物質が付着しています。
   再利用せず、捨てるようにしてください。

こんなときは手に抗菌剤、柔軟剤、脂肪酸がついています

手に抗菌剤、柔軟剤、脂肪酸がつく場合の例

手ぬぐいで代用することもできます。

 ※手ぬぐいは指定の洗濯洗剤で洗ったものを使用しましょう

>>ペーパータオルは、こちらから購入することができます。

▲このページのTOPへ