| オンラインストア | お買い物ガイド | 登録情報変更 | お問い合わせ |

非接触生活、8つの習慣

(8)日常的に手で顔や髪に触らない

つい肌が気になって無意識のうちに顔を触っていることがありますが、触りたくなってもちょっと我慢。目には見えませんが、手には身の回りの柔軟剤や抗菌剤が付着しています。その手で肌に触れると、触れた部分にトラブルを起こすことがあります。
また、手で髪を触ると、髪に一次刺激性物質が付着し、その髪が触れた肌に影響が出ることも。

必ず手についた一次刺激性物質を、落としてから顔や髪を触りましょう。
洗顔、洗髪時にも習慣にしてください。

※手ぬぐいで代用することもできます。
  手ぬぐいは推奨の洗濯洗剤で洗ったものを使用しましょう。

ひとこと解説

日常生活には、柔軟剤、抗菌剤を使用した衣類や家具、文房具等がたくさんあります。

何気なく手で触れているものには、ほとんど柔軟仕上げ、
抗菌仕上げがされていると思ってよいでしょう。
それらに触れると、手には柔軟剤や抗菌剤が付着してしまいます。

また、石けんやハンドソープで手を洗った後は手に脂肪酸が残留しています。
「柔軟剤」「抗菌剤」「脂肪酸」はみな、一次刺激性物質です。

▲このページのTOPへ