| オンラインストア | お買い物ガイド | 登録情報変更 | お問い合わせ |

非接触生活、8つの習慣

(7)クリーニングに出した衣類や寝具は直接肌に触れないようにする

クリーニングに出した衣類や毛布、マフラーはできるだけ直接肌に触れないように注意しましょう。
毛布など自宅で洗濯できないものには、自宅で洗濯したカバーをつけましょう。
肌に触れやすいマフラーなどは自宅で洗濯できるものを選ぶこともできます。

ひとこと解説

クリーニングに出した衣類には、柔軟仕上げがされています。
柔軟剤は界面活性剤であり、一次刺激性物質です。
コートの襟が顎や頬に少し接触しただけでも、トラブルが出ることがあります。

▲このページのTOPへ